iPhoneがWillcomで出ないので、iPhone発売前日にiMac衝動買いしてみました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

つまり、このエントリは、iPhone発売日のブームに浮かれるSoftBankユーザーへ送る、とあるWillcomユーザからのゲヘナの火だと思ってください。嫉妬の炎で燃え尽きてしまえ!暴言が過ぎました。落ち着きます。

購入の流れは以下の通り。

  1. iPhone 3Gのスペックと価格を聞きむちゃくちゃ欲しくなる。
  2. しかし、8年使ったWillcomのTel No.とMail Addressを変えるのに躊躇い。
  3. 同僚「7/11はiPhone買うために休む」僕嫉妬の嵐。
  4. 7/10夜、iPhone熱に悶々としながらCSS Nite GINZAに赴き、Adobe CS4のプレゼンを聞く。
  5. 会場がApple Store GINZAだったので、 Internet cornerでiMacをさわる
  6. Apple的センスに改めて打ち震え、iPhoneへの思いが爆発、行き所のない思いを抱えた結果iMac購入を決意。閉店五分前。
  7. 「一番安い14万のiMacください」→「あ、でもクレジットカード限度額10万だった」
  8. 店員「二枚に支払いを分けられますよ」mjd!?
  9. ニヤニヤしながら購入。「さて、配送をお願いしよう」
  10. なぜか直接iMacの馬鹿でかい箱を手渡される。mac009
    重さ約10kg。もやしっ子の腕ぐらいは余裕で破壊出来る重さ。
  11. 店員のお姉さん「がんばってくださいね」意味が分からない。「手のところにプチプチ巻いときましたから」そういう問題じゃない。しかしその店員さんの爛漫な笑顔に負ける。なぜ負けたのか未だに分からない。iMacお持ち帰り決定。状況が理解できないままApple Store GINZA閉店。僕は銀座の路上でiMacと、一人と一台。
  12. 持って五分でプチプチ全滅。俺の手の肉にiMacの取っ手が噛みつく!
  13. 銀座のど真ん中で、深夜12時両手でiMacを抱え、その上に鞄を乗せ、ふらふら道を歩くサラリーマン。馬鹿でかいのでiMacの看板を抱えているみたいになる。ほぼiMacの宣伝マン。
  14. 人気のない夜道で、両手でiMacを抱えてふらふら運ぶ僕。後ろからカップルが僕を指さし「なにあれ」と正直なご感想を漏らす。僕汗だく。落としたら全てが終わる。必死の形相。
  15. iPhone待ち行列のみんなは、きっと今頃、楽しく騒いでるのかな、そんなことを思いながら一人と一台で寂しく帰宅。深夜一時。
  16. iPhoneのニュースを見ながら、上腕二頭筋の激しい筋肉痛に耐える←イマココ!

つまり、iPhoneのようにiMacは手軽にお持ち帰りできません。iPhoneとiMacは違うということです。僕は、皆さんに僕のような間違いをしてほしくないし、そういう気持ちでこのエントリーを書きました。


そんなわけで、およそ13歳より25歳まで、12年にも及んだOnly Windows Lifeはここで終演を迎えました。でも、 正直、Macはずっとほしいなとは思っていました。理由は

  1. Unix BaseのPCをいつかは触ろうと思ってたから
  2. Vistaは重いし電気消費おかしいから
  3. Macはシャレオツらしいので

1.は、いい加減システムエンジニアの端くれをやってる身としては 「えーUnixまともにさわったことないのキモーイ!」「Unix童貞が許されるのは小学生までだよねー」などと、 ネットより四年にわたり煽られ続け、ついに折れたという次第です。MacはUnix Base OSの中では最大のシェアですし。

2.はまあ、説明不要ですね。友人宅でVista使ってかなり懲りました。

3.についてなんですが、実際、Mac買ってじゃあ何するのよ、というビジョンが一切なかったので、買うかはずっと躊躇ってて、 Mac userの先輩に話を聞いてみたのです。

  • 「先輩、自宅のMacで普段なにしてるんですか」
  • ネット
  • 「なんでそれなのにMacなんですか」
  • シャレオツだから(オシャレといいたいらしい)」

といった感じでして、ネットとかの「なんでMac好きか」みたいな記事も最終的には 「シャレオツだから」といった印象があったので、悩ましかったです。

ただ、実際、「シャレオツ」という感性の世界は、やっぱり使い込まないと分からない。 自分にとってUnixそしてMacの世界は新しい情報概念であり、自分の世界を大きく広げるのに役立つんじゃないかな、 そしてきっと僕もシャレオツになれるんじゃないかな、そんな次第です。ありがとうございます。


実際、Unix領域のPCは、大学でそれしか使えないとか、もしくは家のPCが最初からMacだったりとか、 職場のPCが全てMacだったり、Unix Server系のお仕事とかしない限りは、どうしても使う機会がない。

自分で買うにしても、今までのWindowsの経験知識や、既存使用ツール、 覚えてきたショートカットを全部位置から覚え探し直すのは、どうか、とずっと迷っていました。が、 この前Tokyo-Emacsという勉強会にいったとき、半数近くがMac Bookだったので、もうあきらめたって感じですね。

今日はiPhoneの発売日。携帯業界も僕も、Macはじめました、ということで。