[いのちの食べかた]著:森達也

なんか面白そうな絵本だなあと思い読んでみたら面白かったです。

いのちの食べかた (よりみちパン!セ)
いのちの食べかた (よりみちパン!セ)森 達也

おすすめ平均
stars森達也!という感じの絵本
starsややちぐはぐ
starsだから、いのちの食べかたを、一緒に考えよう。
stars単なる食育に関する本ではなく広範囲な問題提起を含んでいる
stars知ること

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕らが普段食べている、豚肉や牛肉は一体どこで生産されているのか?東京圏ならば、芝浦と場というところに生きたまま運ばれてきた牛や豚がそこで屠殺され、解体され僕らの口へと運ばれる。

しかし、僕らは何故あまりそれを意識することはないのだろう?というところに突っ込んだ本です。


作者の森達也氏は、下記の経歴を持つドキュメンタリー作家です。
オウム真理教を扱ったドキュメンタリー映画『A』を自主制作で発表(中略)1998年、映画『A』がベルリン国際映画祭に正式招待される。
森達也 - Wikipedia

基本的に以前より「思考停止するな」「目を背けるな」という趣旨のことをことを一貫して主張している人で、今回の本もそういう方向性でした。

この本はおそらく小中高生向けの本で、漢字にふりがながふってあったりととても読みやすい本です。その割に内容は濃いですし、おそらくこの本の内容に関係の無い生き方をしているひとはいないと言っていいでしょう。「芝浦と場」この単語をご存じなかった方は、一度読んでみる価値はあるのではないでしょうか。