人狼BBSから僕が学んだこと。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

不倒城: 人狼BBSが僕達に教えてくれたこと。

に習って、僕もちょっと人狼BBSから学んだことを書いてみようかなと思います。(人狼BBSについては、僕の過去のエントリー参照のこと。)

上のブログの結城さんが書いているのは、
1,「信じてもらうこと」と「信じさせること」は、似てる様でいて実は全然違うこと。
2.ゲームに勝つために重要なのは、「自分が何を語るか」ではなく、「自分の言葉をどの様に受け取ろうとする人が多数派なのか」だったりする、ということ。
3,不利な流れ、自分の発言が悪くとられる流れになったら、ちょっとやそっとの努力じゃ押し返せないこと。
4.発言が支持されるか支持されないかは、発言内容以上に、その発言を向けている層に依存するということ。そして、時としてたった一人に支持されるだけで十分ゲームをひっくり返せるということ。

と書いています。ここらへん非常に納得なわけです。そういうゲームなのです。

2.の詳細についても
「きちんと正論を語っている筈なのに伝わらないな、と思っている人は、自分が誰に語りかけているのかを一度見定めるべきなのではないか」
とか書かれていて、実際その通りです。そしてそれは一般化が可能な理論。人狼BBSが、非常に本質的なゲームであるのだということが解ります。が故にむっちゃくちゃ疲れて、たまに夜眠れなくなったりしますけどね。


さて、ここでそこに敢えて付け加えるとするならば
A.人は信じたいものを信じる
B,人に信じてもらうことは非常に大切であるし、人に信じてもらえないことは非常に恐ろしいことである。
以上二点です。

A.は、つまり情けない人間よりも、しっかりしてそうに見える狼について行きたくなる。なんか暗い人間よりも、明るくサバサバしている狼についていきたくなる。それが人情というものです。実際狼側の取る戦法として印象操作は基本で、そしてそれは大概有効です。
B.人は人を疑うもので、そして一度疑い始めた人間の言うことは全てまやかしに見えてくるものです。例えそれが論理的に正しくても。疑い始めた相手の言葉を聞くこと自体、人間に取っては不安感に襲われるので苦痛です。だからそこから逃れようとします。だから一度かかった疑いは、そう簡単には解除されることはありません。

さて、そんな中、私は暫く人狼BBSを休養しようかと思っています。人狼BBSでよかれと思ってやったことが、全てうまくいかない(人に信用されない)みたいな流れにあって、それは現実の職場でも同じでちょっと辛い。

僕の曖昧さが全て「いい加減だ」と取られてしまう、みたいな流れがあります。それは当然そうなのかもしれないけど、やはり辛い、という感情があるためです。

そういう意味では、本当に人狼BBSは本質的なゲームなのだなあ、と思うのですが、本質的過ぎてちょっと心身持ちません。特に心が破綻しかねない。もし今からやろうと思う人がいれば、「今なら心が丈夫だ」と確信もってやるのがいいと思います。そうでないと、このゲームにのめり込んでいる人が多いので、けっこうキツイ言葉が飛びまくって来ます。それに耐えるのは、なかなか尋常ではないですよ。

いやーでも、勉強になりました。ここで学んだことは今後の人生で非常に役に立ちそうです。さらば人狼BBS。