[頭がよくなる照明術] 著:結城 未来

無理なく生活をより改善できそうな良著です。

 「ゆっくり休んだつもりなのに疲れがとれない!」うつ、疲れ目、不眠…ストレスの一因は光にあり。 「がんばって働いているけれど、うまくいかない!」プレゼンの成功も、企画のひらめきも照明次第。人間の脳をコントロールしているのは、 じつは光。
(Amazonレビューより引用)

作者さんはタレントの結城 未来氏。それなのに照明コーディネーターもやってらっしゃるそうです。

こういった改善本に求められる要件は三つあります。

  • 書かれた内容が理解できること
  • 書かれた内容に賛同できること
  • 書かれた内容をやってみたいと思えること

本著はこの三点をしっかり満たした良著です。おそらく作者は 「人生を成功させること」にとても意欲的で、かつとても頭の良い方なのでしょう。

書かれていることも判りやすく、かつ実践しやすく効果が継続的に得られそうなものばかりで面白いです。書かれていることがTipsになっていて各章がバラバラではありますが、「この方法を試したらきっと自分の人生はもっと良いものになる」というTipsぞろいで、結構お勧めです。以下、Tipsまとめ。

日本にやってきた欧米人に日本の印象を尋ねると、ほとんどが「人は優しいし食べ物は美味しいし、最高!でも、 照明だけは我慢ができない」と口を揃えて答えます。

  • 蛍光灯の昼光色は、昼に働くための明かり。夜も付けてると眠れなくなる。
  • 家、特に寝室の照明は、オレンジ色で足元からの光(夕焼けの光)だとリラックスできる。
  • また直接照明は自分に光があたり、頭から光が降り注ぐ。これは昼の光。夜に浴びると眠りにくい。
  • 直接照明は明るいように見えて、床のみ明るく天井と壁が暗い。目線の世界が暗い。
  • 人間の体内時計は朝日でリセットされる。目覚めは朝日を浴びるべし。

j他にもたくさんあります。詳細なレビューは以下の記事がとてもわかりやすいのでお勧めです。
あなたの知らない照明術 : akiyan.com