NHKスペシャル「"グーグル革命"の衝撃」閲覧メモの疑問点

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

全体としてNHKスペシャル「"グーグル革命"の衝撃」は、 誰にでも理解できるコンパクトで良質なものでした。ただいくつか疑問点も。Googleの恐ろしさをやや過剰に見せている感について。

  • 「Google政府」や「Google通貨」は、マインドマップ的なことを玄関という衆人に晒されるところでやっているため、 ちょっとふざけて誇大妄想的なことを書いたのではないでしょうか?他のアイデアはもっと開放的だし、創造性のあるものも多いのに。 (参考: これは必見! Google帝国の壮大なマスタープラン! | P O P * P O P
  • Googleに個人情報(クレジットカードNo含む)預けて便利なサービス受けるのは、別にAmazonでも楽天でも、 色々なサイトが行ってる事ではないのでしょうか?
  • Google八分とは、つまりメディアの情報操作に置き換えられるのではないでしょうか? あるある大辞典の納豆ダイエット事件でもそうですが、メディアが行っている印象操作と本質は変わらないのでは? GoogleもNHKにこの編集を行われることを知ってたら、果たして取材許可を出したかどうか。 「何も知らないうちにグーグル八分された」=「何も知らないうちに恣意的な編集をされた」ではないかと。
  • 日本だととてもグーグルだけで生活するのは無理じゃないかと思われます。(参照:グーグルは今のままでは日本人の人生を変えることはできない - GIGAZINE)

あまりに分かりやすいドキュメントであったので、ちょっと反論を入れたくなりました。